事件簿NO.21

ゾディアック事件


事件概要


事件現場:アメリカ サンフランシスコ

事件発生:1968年〜1974年


ゾディアック イメージイラスト


アメリカ合衆国の連続殺人事件
1968年12月20日
ヴァレホ郊外 車道脇
デヴィッド・ファラデー(17)
ベティ・ルー・ジェンセン(16)の射殺体発見
1969年7月4日
ヴァレホ警察署に
「公園近くに停車している茶色の車を探せ
2人殺した。去年も2人殺している」
と電話がかかってくる
ヴァレホ郊外 ゴルフ場駐車場
茶色い車・男女を発見
マイケル・マジョー(19)重症
ダーレーン・フェリン(22)死亡
マジョーは
「駐車場で1台の車がライトを当ててきた
人が降りてきたかと思うと突然発砲した
25〜30歳・ちぢれ髪・丸顔・中背の太った男」と答えた
翌月に掛けて
ゾディアックと名乗る人物から
サンフランシスコ湾域警察
「タイムズ・ヘラルド」他2社の新聞社
へ手紙が送られてきた
手紙には
丸の上に十字があるゾディアックの印・殺害の詳細・暗号
「この手紙を公開しないと10人以上殺害する」
と書いてあった
1969年9月27日
ナパ警察署に
「ベリエッサ湖の岸辺で2人を殺した」
と電話があった
現場で血だらけの男女を発見
ブライアン・ハートネル(20)
セシリア・シェパード(22)死亡
ブライアン・ハートネルは
「頭に黒い頭巾を被った男が現れて刃物で襲って来た」
と話した
近くの車の中から
ゾディアックのマーク付きのメモが見つかる
1969年10月11日
サンフランシスコ プレシディオハイツ
ゾディアックはタクシー運転手
ポール・スタイン(29)を撃ち殺した
翌日、クロニクル紙に
血の付いた運転手のシャツの切れ端・手紙が届く
「今度は小学生のスクールバスを狙う」といった内容
1974年
サンフランシスコ警察に同じ筆跡で手紙が届く
37人を殺害した事
新聞でもっと大きく取り扱わないと
「何かすさまじい事」をやるとあった
これ以降ゾディアックは忽然と姿を消す
2009年4月29日
カリフォルニア州南部コロナ在住
デボラ・ペレス(47)という女性が
自分の父親ガイ・ワード・ヘンドリクソン
がゾディアック事件の犯人だと
サンフランシスコ クロニクル・ビルディング
の前で告白
彼女が7歳の時に2件の殺人に連れて行かれた
犯人の手紙の何通かは7歳の時に自分が書いたと告白
父親ガイ・ワード・ヘンドリクソンは
1983年68歳で癌のため亡くなったとのこと
しかし、まだサンフランシスコ市警は
ガイ・ワード・ヘンドリクソンが
ゾディアックであると断定していない
現在も犯人不明のまま、事件は未解決である



| 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。